トップ

学校に関して考えてみる

学校に関する知識

リスク

学校の広報のあり方について

今まで学校の広報は教育関係者、保護者、生徒に向けたものがメインでした。しかし、今後は地域社会との共存が声高に言われる現状を踏まえ、地域の施設や住民に対してその広報を配布していくべきです。地域の人々が活用する事が出来る情報をより多く載せるべきです。両者が共同で行ったイベントの様子等をたくさん載せ、多くの人々に地域とのつながりが大切であるという事を認識してもらいます。基本は生徒や保護者が主体のものですが、地域の重要性を意識出来る部分を学校の中に組み込むようにすべきです。これが地域活性の一助になる可能性もあります。

広報の重要性について

学校からのお便りをご覧になっているでしょうか。忙しさにかまけて、子供が持ってくるお便りに全然目を通さない親御さんも多い事でしょう。お便りに目を通さずに子供に聞いていると、都合の良い事だけ応えて、話したくないことは、知らされない可能性があります。その点、学校側から知らせてくる広報には重要なことが沢山掲載されています。子供が教えてくれなかったでは、通用しないので、広報には日頃から目を通すように心がけましょう。子供が日常生活をどんな風に送っているか、手に取るようにわかります。先生方も日々、努力している結果です。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校に関して考えてみる. All rights reserved.